フェロボロンは特殊鋼添加剤用途の他非晶質合金希土類磁石などの新素材の原料として使用されています。
高炭素フェボロンは低鉄損トランスなどに用いるアモルファス合金材料として、製鋼・鋳鉄への添加剤として、また 中性子吸収材料として用いられています。低炭素フェロボロンはネオジウム磁石材料として用いられています。

■主な用途
  1. 鉄鋼へのボロン添加
    • 焼入れ性の向上
    • 鉄鋼組織の調整
    • 脱N剤
  2. 非昌質合金(Fe-Si-B系Amorphous)
  3. 希土類永久磁石(Nd-Fe-B系磁石)
  4. 中性子吸収(10Bの高い中性子吸収能を利用)
photo
フェロボロン

photo
フェロボロン

<規格一覧>
種類 記号 一般規格成分   %
B C Si Al P S Mn Cu
高炭素
フェロボロン
FBH S1 19〜22 1.0> 3.0> 0.50> 0.1> 0.01> 0.5> 0.1>
FBH S1L 17.5〜19
FBH S3 10〜12
低炭素
フェロボロン1号
FBL1 19〜23 0.1> 2.0> 12> - - - -
融点:1300℃〜1500℃、比重:4〜6.8
サイズ・荷姿等については、ご相談ください。



閉じる