太陽光発電システム

住宅用太陽光発電システム(Wソーラー)

Wソーラーの「創エネ」・「省エネ」で、電気もガスも、かしこく節約。
エネルギー併用の暮らしにぴったりです。
住宅用太陽光発電システム(Wソーラー) イメージ

太陽光発電システム構成
太陽光を即時に電気(直流電力)にし、それを交流電力に変換してご家庭内で活用します。
また、電力を売買するためのメーターや配線等を設けます。
太陽光発電システム構成

太陽熱給湯システム構成
太陽熱給湯システムと既設のガス給湯器や石油給湯器と組み合わせて、
省エネルギー性に優れた給湯を実現します。
住宅用太陽光発電システム(Wソーラー) イメージ


わが家の発電が目に見えて楽しい 5.7インチ液晶カラー表示ユニット
液晶カラー表示ユニット
  • グラフやイラストなどを用いた表示で、小さなお子さまにも運転状況がわかりやすく、家族の省エネ意識を高めます。
  • 発電/消費/売電/買電電力量、自給率などがひと目で把握可能。4種類の表示パターンからお好みのモードが選べます。
  • 消費電力目標に対する節電状況をメッセージで知らせるなど「省エネガイド機能」を搭載
  • 無線通信対応で、表示ユニットを住居内で自由に持ち運べます。
  • 積算熱量計(オプション)を接続することで太陽熱給湯システムの積算熱量を表示することができます。


太陽光発電システムによるコスト節減イメージ
太陽光発電の導入前と導入後で、同じように電気を使うとしたら、それまでは使う電力のすべてを電力会社から購入していたのに対し、太陽光発電を導入すると昼間は太陽光で発電し、消費電力量に占める買電量がぐっと減らせます。また、発電して余った電気は電力会社へ売却できます。
コスト節減イメージ


昼間に発電して余った電気は売ることができます。
日中、発電した電気を自宅の電灯や電気製品に使うほか、余った電気は電力会社に売却することができます。
逆に発電できない夜間や悪天候時などには電力会社からこれまで通り電気を購入します。
時間帯別電灯契約の場合 電気料金プランの一例


閉じる