■コンクリート二次製品用混和材 【デンカCSA】

概要

デンカは、多年にわたるポルトランドセメント製造の技術と経験をもとに、昭和39年、国内で初めて膨張材「デンカCSA」を開発しました。仕上げモルタル、コンクリート構造物の乾燥収縮・ひび割れの低減、あるいはケミカルブレストレストコンクリート製品など広範囲に使用されています。さらに、水和抑制剤を添加した温度ひび割れの抑制効果を付与させた、水和熱抑制型膨張材もあります。

詳細

デンカCSA (PDF/1,244KB)



■コンクリート二次製品用混和材 【エフダック】

概要

Λや材料分離の低減、前置きや仕上げ時間の短縮ができ、蒸気養生過程において強度発現を促進しますので早期脱型を可能にします。

詳細

エフダック (PDF/1,244KB)



■コンクリート二次製品用混和材 【デンカクイックデモルダー】

概要

二次製品用の早期脱型材です。デンカクイックデモルダーを添加することにより、ブリーディングや材料分離の低減、前置き時間、仕上げ時間の短縮ができ、蒸気養生過程において強度発現を促進しますので早期脱型を可能にします。したがって、型枠の回転率の向上、コンクリート製品工場における省力化を可能にします。

■コンクリート二次製品用混和材 【プラスメリット】

概要

デンカプラスメリットは、コンクリート1m3に対し、3〜5kgするだけで、遠心力成形時のスラッジを完全に防止し、かつ、パイルの圧縮強度、弾性係数、静曲げ強度、プレストレスの定着長等の物理的性質に影響を与えない画期的な遠心力成形助剤です。

詳細

プラスメリット (PDF/826KB)



閉じる